#星野源ください

夢の中へ連れていく

一杯いかが

 

目が覚める。

外には街灯の灯りしか見えない。真っ暗だ。

 

今は何時か、とスマートフォンで確認する。めちゃくちゃ眩しい。目を細めながら見ると日付を越えていた。

夕方に帰ってきて布団もかけずにベッドに沈みこんだはずが、まだ肌寒い夜だから と薄手の毛布がかけられている。ありがとう彼女!

 

寝室の半開きの扉からは光が漏れている。まだ起きているのだろうか。

水を飲みに行くついでに確認しよう。

 

「おぉ、ほんとに起きてるとは」

「おはよう源さん」

「おはよ。ていうか早く寝なさいよ」

 

今日締切のレポートが終わらない、量が多すぎる とごにょごにょ言っている。

よし、彼ピッピ♡ が美味しいコーヒーを淹れてあげよう。自分のを作るついでだが。

 

ポットに水を入れて沸かす。少し暑くなるだろうか。

 

「そこのしかめっ面のお嬢さん、コーヒーはホットとアイスどっちがいい?」

「んー、氷みっつ」

 

それはただぬるいだけなのではないだろうか。

まあいい。猫舌な彼女には丁度いいのかもしれない。

 

お湯を注ぐと共にコーヒーのいい匂いが広がる。カフェインが入っていて眠気が覚めるというが、匂いに関しては安眠作用もありそうだ。

 

「はいどうぞ」

 

砂糖を少しだけ加えた赤いマグカップを彼女のパソコンの横に置く。

 

「いただきます」

 

飲んだ瞬間 ふわっとほころぶ顔が、俺はとても好きである。まるで気を抜いた小動物のようでとてもかわいい。

 

これからは、もっと頻繁に作るようにしようかしら。今度は美味しいアイスティーを探そうかな。

広告を非表示にする